現代

法廷プリンス -イ判サ判- 動画観るならどこ!?

法廷プリンス -イ判サ判ー

法廷プリンス
冷血判事 × 熱血判事のやぶれかぶれ法廷ラブコメディ!
放送年2017年
DVD-BOX12019年3月8日
DVD-BOX22019年3月20日
ジャンルラブコメディ
話数全24話
出演者パク・ウンビン、ヨン・ウジン、ドンハ




法廷プリンス -イ判サ判ー 動画観るならどこ!?

ここに記載しているのは2019年12月10日時点の情報です。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況については各公式サイトで確認をお願いします。

各動画配信サービスの配信状況

月額料金無料期間配信状況
dTV500円(税抜)31日間
FODプレミアム888円(税抜)1ヶ月間
hulu933円(税抜)2週間
U-NEXT1,990円(税抜)31日間
TSUTAYA TV2,417円(税抜)30日間
ぺんぺん
ぺんぺん
法廷プリンスイ判サ判ー』はTSUTAYA TVで見放題配信されているよ。
きょーりゅー
きょーりゅー
U-NEXTでも配信されているけど、1話ごとに220円もかかるんだ。全話観るには5,060円もかかってしまうんだぜ。
だから、TSUTAYA TVの利用がおすすめなんだ。
ぺんぺん
ぺんぺん
無料期間を利用すれば、期間中はタダで観ることができるしね♪

TSUTAYA TVで見放題で観ることができる「法廷プリンス」出演者作品

パク・ウンビン(イ・ジョンジュ役)出演作
【韓国版】プロポーズ大作戦恋のドキドキ シェアハウス~青春時代~
ヨン・ウジン(サ・ウィヒョン役)出演作
内省的なボス恋愛じゃなくて結婚
男が愛する時
TSUTAYA TV&DISCAS
TSUTAYA DISCAS
プラン定額レンタル8+動画見放題プラン
月額料金2,417円(税抜)
無料期間30日間
サービス内容動画見放題
CD/DVD借り放題



予告編

あらすじ

イ・ジョンジュは人一倍正義感が強い熱血判事!
悪者には容赦なく怒りをぶつけるが、それが暴走することも多く、上からは問題児扱いされている。ある日、彼女はエリート判事のサ・ウィヒョンにピンチを救われるが、それが最悪の出会いになってしまう。自分とは正反対で常に冷静沈着な彼に最初は反発するが、ともに兄の冤罪事件を追ううちに、特別な感情が芽生え始める。真相に近づき危険が迫る中、ジョンジュに想いを寄せる検事のト・ハンジュンが身を挺して彼女を守ろうとする。
ウィヒョンはジョンジュがハンジュンのことをどう思っているのか気になり…。

その他出演作品

パク・ウンビンホジュン ~伝説の心医~
【韓国版】プロポーズ大作戦
秘密の扉
ヨン・ウジン七日の王妃
内省的なボス
ドンハキム課長とソ理事

エピソード

第1話
(41分)
性的暴行殺人罪で服役中の兄を持つチェ・ジョンジュは、兄に有罪判決を下したユ・ミョンヒ判事との出会いをきっかけに、ソウル地方裁判所の判事となる。ある日ジョンジュは、夫殺しの容疑で10年間服役中のチャン・スンボクの記録をひったくりに奪われ大ピンチとなる。その上、ジョンジュはその日に担当した別の裁判中、被告人キム・ジュヒョンの挑発的な言動に激怒し、騒動を起こしてしまう。
第2話
(40分)
スンボクは法廷で無実を訴えたあと、血書を残し自殺を図る。ジョンジュは担当検事のト・ハンジュンからスンボクの裁判の映像があると聞くが、裁判官のウィヒョンは上からの指示で削除したという。そんな中、今度はジュヒョンが裁判中にジョンジュを人質に取り、法廷内に立てこもる事件が発生。犯人との交渉役に呼ばれたウィヒョンは、ジュヒョンの要求に従うようジョンジュを説得するのだが・・・。
第3話
(40分)
ジョンジュの人質事件を耳にしたジョンジュの兄ギョンホは、同じ刑務所にいるジュヒョンを見つけて殴りかかる。一方、ジョンジュはスンボクの再審請求を認めるかどうかを悩んでいた。そんな中、元刑務官のヨンフンはギョンホの無実を信じ、ウィヒョンにギョンホの冤罪の可能性を調べてほしいと頼む。そんな中ジョンジュは代行でギョンホの暴行事件の陪席裁判官として法廷に入ることに・・・。
第4話
(40分)
ギョンホはジュヒョンへの暴行事件の裁判の途中で、過去にガヨンをレイプし殺害したのは自分ではないと主張し始める。そんな中、修習生としてウィヒョンの裁判部にやってきた元アイドルのチン・セラは、ガヨンが履いていた靴に見覚えがないかとウィヒョンに問いかける。ガヨンの靴のことでウィヒョンに問い詰められたハンジュンは、ガヨンが昔、ト家の別荘の管理人の娘だったことを打ち明ける。
第5話
(40分)
知的障がいを持つスンボクの息子ヨンスは、母の無実を訴え1人でデモを続けていた。ある日ヨンスの持ち物の中にガヨンと同じ靴を見つけたウィヒョン。ウィヒョンの問いかけにヨンスは、ギョンホと一緒にガヨンを助けに行った出来事を話し始めたうえ、犯人の車のナンバーまで口にする。新たな真相を知ったウィヒョンとジョンジュは、ギョンホは無実かもしれないという思いにかられる。
第6話
(40分)
ジュヒョンはギョンホに和解しようと話を持ちかけるが、ギョンホはそんなことよりもハンジュンを殺してくれと詰め寄る。数年前に判事を辞職し法科大学院の教授となったミョンヒは、研究対象であるジュヒョンとの面談で、ハンジュンが自分の息子であることを伝える。一方、スンボクの事件の証拠を捏造した刑事が見つかる。しかしスンボクの意識は戻らず、ジョンジュは再審の開始を決定できずにいた。
第7話
(40分)
ハンジュンはガヨンの事件で自分のことを調査してほしいと警察に頼む一方で、ジョンジュには自分はガヨンを殺していないと断言する。ハンジュンは父ト・ジンミョンに、ガヨンが殺された日のアリバイを聞くが、ジンミョンはその日は結婚記念日で妻のミョンヒと過ごしていたと主張する。そんな中、主席部長のソ・デスは実兄の裁判に裁判官として出席したジョンジュを叱責する。するとウィヒョンは・・・。
第8話
(40分)
兄は無実だという確信を得たジョンジュはギョンホと面会し、今まで兄を信じようとしなかったことを謝り、涙を流す。これまで再審請求を拒み続けていたギョンホは、ジョンジュの兄は殺人犯だという噂が流れたことを知り、再審を申し立てようと決心する。ところがそのやさき、ギョンホはジュヒョンにケンカを売られる。ジョンジュの名を出しながら挑発してきたジュヒョンに腹を立てたギョンホは・・・。
第9話
(41分)
ギョンホの死亡事件の担当となったハンジュンは、ジュヒョンの正当防衛だと主張するが、ジョンジュは激しく反論すると同時にハンジュンへの不信感でいっぱいになる。しかしハンジュンには、ジュヒョンを正当防衛にしないといけない理由があった。そんな中、ウィヒョンはギョンホの死亡事件の裁判を任される。ハンジュンは悩んだ末、過失致死で起訴するが、裁判でウィヒョンが下した判決は・・・?
第10話
(40分)
ギョンホの事件とスンボクの事件の鍵を握っているかもしれないガヨンの父親のキム・イクチョルは、病院で偶然ヨンスと再会する。ガヨンとギョンホを殺害した黒幕はジンミョンだとにらんでいるハンジュンは、ジョンジュにそのことを告げる。ジョンジュはミョンヒからも、ジンミョンの10年前のアリバイがウソだったことを聞かされショックを受ける。そんな中、スンボクが意識を取り戻す。
第11話
(39分)
ウィヒョンはジョンジュがいる部署に異動となる。イクチョルはスンボクの再審請求を尋問する法廷で、スンボクが無実だということ以外は何も語らず、そんなイクチョルにハンジュンは、黒幕を明かせと訴える。一方、デスはギョンホの再審請求を棄却する。そんな中、10年前のスンボクの事件の裁判長を務めたウィヒョンの父ジョンドは、そのころスンボクから送られてきた手紙をウィヒョンに渡す。
第12話
(40分)
ジョンドに送ったスンボクの手紙をもとに、再審にこぎつけるための糸口をつかんだウィヒョンとジョンジュは、スンボクの再審請求を認めるべきだと部長のジラクを説得する。大統領選挙を控えたジンミョンは、スンボクの再審開始が決定したことを知り、イクチョルを脅迫する。ハンジュンからガヨンを殺したのはジンミョンだと聞いたイクチョル。彼はスンボクの公判で事実を証言するだろうか。
第13話
(40分)
ギョンホの再審請求が棄却されたことを知ったミョンヒは、再審が通るように自分が何とかすると言ってジョンジュを励ます。そんな中、マスコミは、“冤罪で服役したスンボクが無罪を勝ち取れたのはジンミョンのおかげだ”と報じる。ジョンドは、チャン親子を政治に利用したジンミョンに不満をぶつける。一方ジョンジュは、ガヨンが殺害された現場にガヨンの携帯電話がなかったことに疑問を抱く。
第14話
(40分)
ミョンヒはガヨンの携帯電話の中にあったジンミョンとガヨンのツーショット写真をウィヒョンとジョンジュに見せる。携帯電話にはガヨンが殺害された日、父親に助けを求めるガヨンの声も録音されていた。その夜ジョンジュはウィヒョンと酒を飲みながら、兄の再審が認められない歯がゆさを吐露する。そんなジョンジュにウィヒョンは、ハンジュンのことをどう思っているのかと尋ねる。
第15話
(40分)
ミョンヒはイクチョルにガヨンの最後の声を聞かせ、無残に殺された娘のためにも真実を語るよう訴える。一方セラは、同じアイドルグループにいたスヨンに再会し、彼女の姉のスジンに嫌がらせをされた過去を思い出す。詐欺事件の被告人スジンがウソをついているとにらんだセラは、有罪の決め手となる証拠をつかむ。そんな中、ギョンホの再審請求審が開かれ、ジンミョンは証人として出廷することに・・・。
第16話
(40分)
ジンミョンが証人尋問で真相をごまかしたため、真犯人を暴くことができずジョンジュは激しく落ち込む。ウィヒョンはジョンジュに、まずはギョンホの無実を証明することから始めようと元気づける。その夜ウィヒョンはジョンドに、ジンミョンの弁護をやめてくれと頼むが、ジョンドは親友であるジンミョンを信じていると話し、2人の間に溝ができる。そんな中、イクチョルはいきなり証言を覆す。
第17話
(40分)
再審請求審でヨンスは、“ガヨンはギョンホをギョンホさんと呼んでいた”と証言するが、そのあとの裁判官の質問には言葉を濁す。不利な展開の中、ハンジュンが現れ証言しようとするが、それを遮り証言台に立ったのはウィヒョンだった。ウィヒョンは、ギョンホが真犯人でないことを話すハンジュンの音声ファイルを提出する。そこにはジンミョンのミョンヒへの暴力についての証言も含まれていた。
第18話
(40分)
ギョンホの再審請求が認められ、ジョンジュはウィヒョンとジラクに感謝の気持ちを伝える。一方、複数の罪を犯したジュヒョンは、併合公判で無期懲役を言い渡され、がく然とする。ギョンホの再審公判が始まり、証言台に立ったミョンヒは、事件当時ガヨンが身に着けていた下着を提出する。ミョンヒの証言によりジンミョンは窮地に立たされるが、10年前の事件の夜の記憶が全くないと答える。
第19話
(40分)
ジョンドはウィヒョンに、判事を辞めた理由とミョンヒとの結婚を断念したつらい過去を吐露する。そしてジョンジュは真実が近づくにつれ、真実を知るのが怖くなってきたとウィヒョンに打ち明ける。そんな中、裁判部には、「自分を釈放したら、ギョンホ殺害の黒幕を教える」といった内容をつづったジュヒョンからの手紙が届く。一方、ガヨン殺害事件の証拠品により、ジンミョンは勾留請求される。
第20話
(40分)
ギョンホ殺害の黒幕はミョンヒだと確信したウィヒョンは、ジュヒョンを訪ね、問い詰める。一方ミョンヒはジンミョンとハンジュンに、自分がガヨンを殺害したと告白する。更にミョンヒはジョンジュに、10年前ギョンホの無罪を知りながらも誤判を下したことを明かす。衝撃的な事実を知ったジョンジュはショックで倒れてしまい、そんなジョンジュにウィヒョンはもう一つの恐ろしい事実を告げる。
第21話
(39分)
ガヨン殺害事件の全真相を知ったハンジュンは、ジョンジュへの思いを断ち切り、ジョンジュに別れを告げる。ジョンドは拘束されたミョンヒを面会し、弁護を自分に任せるよう申し出るが、ミョンヒは断ると同時に、なぜこのような過ちを犯してしまったのかについて、ジョンドに淡々と語る。そしてミョンヒの裁判とジンミョンの裁判は、ジョンジュのいる裁判部が担当することになり・・・。
第22話
(41分)
ミョンヒは最終陳述のあと、自ら命を絶とうとする。しかし、いち早く察したウィヒョンにより命は助かり、ミョンヒに実刑が下される。そして数日後、ジョンジュのもとにミョンヒが送った正義の女神像が届く。ジョンジュはその意味が知りたくて、服役中のミョンヒの面会に行く。一方、ハンジュンはソウルを離れることをウィヒョンに告げ、自分の代わりにジョンジュのことを見守ってくれと頼む。
第23話
(43分)
ウィヒョンとジョンジュは仕事帰りにスーパーで買い物をしながら楽しい時間を過ごす。次の日、連絡もなしにウィヒョンが欠勤したからか、なぜか一日中気持ちが落ち着かないジョンジュ。帰宅時に突然現れたウィヒョンに独り言を聞かれて驚いたジョンジュは、その場でつまずき足をひねってしまう。そしてジラクの計らいで互いの関係について話し合うことになったウィヒョンとジョンジュは・・・。
第24話
(40分)
デスは娘が暴行事件に関わったことを理由に判事を辞めようとするが、ウィヒョンに引き止められる。ウィヒョンとジラクの転勤が決まり、ジョンジュも違う部屋へと移動することに。別れが惜しいジョンジュとウィヒョンは、いつものように残業しながら2人の空間を楽しむ。そして2年後、ジョンジュはウィヒョンのいる裁判所に転勤となる。再会を果たした2人が夜空を見上げながら歩く先は・・・。